ストレートフラッシュ

手札・役ステップ

ストレートフラッシュとは?強さや組み合わせ、出る確率を初心者にもわかりやすく解説!

5枚の手札に出来るだけ強い役を揃え、心理戦なども駆使しながら対戦相手との駆け引きを楽しむことが出来るトランプを用いたカードゲームのポーカーですが、特に1970年に開催されたワールドシリーズオブポーカー(ポーカー世界選手権)以降、日本含め世界中で人気の競技となっており、アメリカのカジノでは定番のゲームの一つです。

ポーカーには様々な種類の役が存在しており、それぞれ役を揃える難易度に応じて強さが割り振られていますが、今回の記事ではその中でも特に強力な組み合わせであるストレートフラッシュとはどのような役なのかをわかりやすく解説していきます。

01.ストレートフラッシュとは?

もともとポーカーには『ストレート』と『フラッシュ』というそれぞれ別々の役が存在していますが、この2つが組み合わさり、同時に成立している役が『ストレートフラッシュ』となります。

ストレートは3,4,5,6,7のように手札の5枚の数字が連続して揃っている役であり、一方フラッシュは数字に関係なく、♠3, ♠5, ♠9, ♠10, ♠Aのように、手札の5枚のカード全てが同じスートである際に成立します。

図1.png

ストレートフラッシュはこの二つを組み合わせた役で、ストレートの『手札の5枚の札の数字が連続している』とフラッシュの『手札の5枚の札がすべて同じスートである』という条件両方を満たしている場合に出来る役となっています。

02.カードの組み合わせ

では実際に具体的なストレートフラッシュのカードの組み合わせを見ていきましょう。

例えば、♣3, ♣4, ♣5, ♣6, ♣7や♦9, ♦10, ♦J, ♦Q, ♦Kのような組み合わせが、ストレートフラッシュの役が成立している手札となります。

ポーカーのルールでは基本的に、Q, K, A, 2, 3のように、Aをまたいだ連続の数字はストレートとは認められないため、同様にストレートフラッシュともならない点には注意が必要です。

対戦に用いられるルールに応じて、A, 2, 3, 4, 5の5枚が同スートで揃ったストレートフラッシュのことを『スティールホイール』と呼ぶこともあります。

03.ストレートフラッシュの強さ

その手札に揃える難易度の高さから、ストレートフラッシュはポーカーのルール内でトップクラスの強さを誇る役となっています。

もともと5連続の数字を揃える必要があるストレートや5枚全ての手札を同じスートで統一する必要があるフラッシュのように、5枚のカードで構成される役は、より必要な手札の枚数が少なくてすむワンペア(2枚)やツーペア(2枚×2)、スリーカード(3枚)のような組み合わせよりも強力な役として設定されています。

04.ストレートフラッシュが勝てる役

ストレートフラッシュはポーカー内で強い役のため、こちらがストレートフラッシュを揃えることが出来れば、高い確率で勝つことができるでしょう。

当然ながら、単体のストレートやフラッシュが相手であれば、ストレートフラッシュの勝利となります。

他にもポーカーの強力な役としては、手札に4枚の同じ数字のカードを揃えるフォーカードやワンペアとスリーカードを同時に揃えるフルハウスなどがありますが、ストレートフラッシュはこれらの役よりも上位に位置付けられているため、これらの役相手にも勝利を収めることが出来ます。

05.ストレートフラッシュより強い役

ストレートフラッシュはポーカー内でトップクラスの強さの組み合わせです。

ストレートフラッシュに唯一勝てる役としては、♠10, ♠J, ♠Q, ♠K, ♠Aのように10からエースまでの連続という最強の数字で構成されている『ロイヤルフラッシュ』になります。※ロイヤルストレートフラッシュとも呼ばれることもあり、ストレートフラッシュの一種とも言えます。

図2.png

06.ストレートフラッシュ同士の強さ比較

ストレートフラッシュに対抗できる唯一の役は、ロイヤルストレートフラッシュ含む同じストレートフラッシュということになるわけですが、もしも二人以上のプレイヤーが同時に手札にストレートフラッシュを揃えた場合は、ストレートフラッシュを構成する5連続の数字に応じてその強さが判定されます。

ストレートフラッシュの数字の中で最も高い数字のランクを比較し、より強い数字を含んでいるストレートフラッシュの方がより強力なストレートフラッシュになります。

例えば、♦4, ♦5, ♦6, ♦7, ♦8のストレートフラッシュと、♠7, ♠8, ♠9, ♠10, ♠Jのストレートフラッシュの対戦となった場合、8よりJの方がより上位の数字であるため、♠7, ♠8, ♠9, ♠10, ♠Jの方が強力なストレートフラッシュとなり、こちらを揃えているプレイヤーの勝利となります。

図3.png

その最上位のランクのものが、先ほど登場したAを含んだ10, J, Q, K, Aのロイヤルフラッシュです。

07.ストレートフラッシュが出る確率は?

何故ポーカーのルール内でストレートフラッシュがここまで強力な役として設定されているかというと、それはストレートフラッシュが手札に揃う確率が極端に低いためです。

ジョーカーなしの52枚のデッキで行われる場合、ポーカーの5枚の手札の組み合わせは

52!/5!(52-5)!=2598960

であるため、全部で約260万通りの手札が考えられますが、そのうちストレートフラッシュが成立する手札はロイヤルフラッシュを含めても

A, 2, 3, 4, 5 ~ 10, J, Q, K, Aの10通りの数字×4スート分

なので、40種類しか存在しません。

カードの入れ替えがない場合、ランダムに配られた5枚の手札にストレートフラッシュが揃う確率は

40/2598960=0.00001539077

となり、約0.0015%(6万5千分の1)となっています。

08.フラッシュドローとは

一般的に、カードを引くことをドローすると言いますが、ポーカーでは現状の手札では役を成立させるためのカードが足りず、手札を入れ替えてカードを引く必要がある、という状態の手札の組み合わせのことをドローと呼びます。

例えば、5,6,7,8のように4つ連続する数字が手札に揃っており、それに連なる下(4)か上(9)の数字を一枚引くことが出来ればストレートが完成する、という手札をアウトサイドストレートドローと呼び、それよりもストレートが完成する確率が低い、ストレートとして揃う可能性がある5つの数字のうちの内側が欠けている4,5,7,8のような数字が揃っている状況をインサイドストレートドローと呼びます。

同様に、手札に4枚の同じスートが揃っており、あと一枚同スートのカードを引くことが出来ればフラッシュが完成する、という場合はフラッシュドローと呼ばれますが、♠8, ♠9, ♠10,♠Jのような4枚が揃い、あと一枚でストレートフラッシュとなる、という場合も同じくフラッシュドローと呼ばれることがあります。

図4.png

09.ストレートフラッシュの例

ストレートフラッシュの役を手札に揃えるにあたって、特にスートや数字の制限はありません。そのため、例えば以下のような5枚の手札が揃った場合は全てストレートフラッシュとなります。

① ♦4, ♦5, ♦6, ♦7, ♦8

② ♥9, ♥10, ♥J, ♥Q, ♥K

③ ♣7, ♣8, ♣9, ♣10, ♣J

図5.png

これらの役を表す際には、一番高い数字を取り、①であれば「エイトハイ・ストレートフラッシュ」②であれば「キングハイ・ストレートフラッシュ」のような呼び方をすることもあります。

10.まとめ

ポーカーにおいてトップクラスの強さであるストレートフラッシュについて解説しました。揃う可能性が非常に低い組み合わせであり、手札に揃えることが出来れば勝利できることはほぼ間違いないといって良いでしょう。

ただし、対戦相手がロイヤルフラッシュを含む、より上位の数字でストレートフラッシュを揃えていた場合に限り、負けてしまう可能性があるので、それだけには注意が必要です。

ページトップ