フルハウス

手札・役ステップ

フルハウスとは?ポーカーでの強さや組み合わせ、出る確率を初心者にもわかりやすく解説!

近年、テキサスホールデムポーカーと呼ばれるタイプのものを筆頭に、アメリカではカードゲームのポーカーの人気が高まっており、その影響で日本含む世界中で人気のカードゲームとなっています。

ポーカーは主にジョーカーなしの52枚のトランプを用いて行い、自分の手札に対戦相手よりも強い役を揃えることを目指すゲームで、精神的な駆け引きを用いた心理戦的な要素と、確立などを計算する知力の両方が問われる競技です。

ポーカーには揃える難易度に応じて異なる強さが設定された役が存在しており、状況に応じて的確な判断を下すためには、役が成立する条件やその確率、役同士の力関係、同じ役同士の対戦となった場合の扱いなどを把握することが必要不可欠です。

今回の記事ではその役の一つである、フルハウスはどのような役なのかをわかりやすく解説していきます。

01.フルハウスとは?

フルハウスとは、ポーカーの役の中でも非常に強力な役の一つで、手札の5枚のうち、3枚が同じ数であり、残りの2枚もまた異なる数字のペアになっている場合に成立する役です。この際、揃えるスートに関しては何でも構いません。

より下位の役であるスリーカードとワンペアが同時に手札に揃っている役ということになります。

図1.png

フルハウス(“full house”)はその名の通り、家が一杯であることから、劇場やお店などが満員であることや、米議会のことをThe Houseと呼ぶことから満場一致で議決されることなどを意味します。

ポーカーが生まれた当時はこの役はもともとフルハンドと呼ばれていました。当時はフルハウスと同じように、手札5枚を用いて揃える必要があるストレートとフラッシュが存在しておらず、フルハウスが唯一手札を”フルに”使う必要がある役だったことがその由来であると言われています。

現在は英語では、フルハウスではなく、フルボート、という呼称もかなり一般的です。

02.カードの組み合わせ

フルハウスのカードの組み合わせにはスートや数字の指定はありません。同じランクの数字3枚と、それとは異なる同じ数字のペアが手札に揃っていればフルハウスとなります。フルハウスは役を作るのに5枚のカード全てを使うため、キッカー(役を成立させるのとは直接関係ないカードの事、ワンペアのペアとなる数字2枚以外の残り3枚のようなカード)の存在しない5枚役となります。

例えば、♠4♣4♥4♦7♥7といった5枚がフルハウスの組み合わせとしては考えられます。

手札に揃っている数字に関して誰かに伝えたい場合は、フルハウスで揃っている3枚の数字の方をとり、〇と●のフルハウス、というように呼ぶことがあります。例えば、上の手札は4と7のフルハウスということになります。

03.フルハウスの強さ

フルハウスは5枚役であるため揃える難易度も高く、とても強力な役となっています。フルハウスの強さは、ポーカーのルール上では上から4番目(ロイヤルストレートフラッシュとストレートフラッシュを同じ役とカウントするのであれば3番目)です。52枚からランダムに5枚を選んだ場合に揃う確率は、フルハウスより上位の役は、どれも0.1%を大きく下回っているため、もしもフルハウスを手札に揃えることができれば、負ける確率はかなり低いと言えます。

04.フルハウスが勝てる役

フルハウスは、ワンペア、ツーペア、スリーカード、ストレート、フラッシュ相手に勝利することが出来ます。

また、ポーカーではプレイヤーが常に手札に役を持っているとは限らず、当然そういった役を揃えられなかったプレイヤー相手にもフルハウスは勝利出来ます。

05.フルハウスより強い役

ただし、フルハウスはとても強力ですが、フルハウスより強い役が存在しないというわけではありません。対戦相手がフォーカード、ストレートフラッシュ、あるいはロイヤルフラッシュを揃えていた場合はフルハウスでも負けてしまうため、注意が必要です。

これらはどれもそろえる難易度が非常に高い役ですが、揃う確率が一番高いのはフォーカード(フォー・オブ・ア・カインドと呼ぶこともある)です。

06.フルハウス同士の強さ比較

また、フルハウスは同じフルハウスに負けてしまうこともあります。

同じフルハウスが揃ったプレイヤー同士の対戦となった場合は、3枚揃っている方の数字のランクを比較し、より強い数字を持っている方の勝利となります。

図2.png

例えば、2人のプレイヤーが上のような手札を持っていた場合は、まず3枚のカードのランクを比較するので、より強い10を3枚揃えているプレイヤーBの勝利となります。

ポーカーでは数字の序列は2が最弱で3,4,5と続いていきKが2番目に強く、Aが最上位のランクとなっているため、A3枚揃ったフルハウスが最も強いフルハウスであるということになります。

通常の52枚のトランプのカードをそれぞれのプレイヤーに配って行うポーカーであれば、デッキ内に同じ数字のカードは4枚しか存在せず、プレイヤーの一人がフルハウスを揃えた場合はそのうちの3枚を使っているため、同じフルハウスの3枚のカードが被ってしまうということは起こりません。

しかし、近年世界的に人気となっているテキサスホールデム・ポーカーのように共有札と言われる参加するプレイヤー全員が自分の手札として使用できるカードを用いたルールでポーカーが行われる場合、共有札内でカードがある程度揃っていれば、複数プレイヤーが同じ3枚の数字のカードを使用したフルハウスを揃えるケースがあります。

その場合は、残り2枚のペアを構成する数字の強さを比較することで勝敗を決めます。この2つの数字も同じとなっている場合は引き分け(チョップと呼ばれる)となります。

07.フルハウスが出る確率は?

フルハウスはポーカーの役の中では揃えるのがかなり難しい部類に入りますが、実際に手札に揃う確率はどれくらいあるのでしょうか。

手札の入れ替えや共有札といった要素を除いて考えると、ジョーカーなしの52枚のデッキで行われる場合、ポーカーの5枚の手札の組み合わせは

52!/5!(52-5)!=2598960

であるため、全部で約260万通りの手札が考えられます。

そのうち、フルハウスが揃っている手札の組み合わせは、13通りの数字×4C3(4種類のスートの内から3種類を選ぶ組み合わせ)×3枚のカードの数字12種類から1つを選ぶ組み合わせ×4つのスートの内から2つを選ぶ組み合わせ)となり、

13×4×12×6=3744通りです。

したがって、52枚のデッキからランダムに5枚を引いた際に、フルハウスがいきなり成立する可能性は3744/2598960=約0.14%です。

フルハウスより1つ下のフラッシュの成立する可能性が約0.2%ですが、0.14%というのはそれとそこまで大きく変わらなので、その分フルハウスは戦略的に有効である(例えば、スリーカードが揃う確率は約2.1%なのに対してその上のストレートは約0.4%であり、役のランクが一つ上がるだけで確率は1/5となっている)という見方も出来ます。

08.フルハウスの例

フルハウスを手札に揃えるにあたって、満たす必要のある条件は同じランクの数字が3枚、そしてそれとは異なるランクで同じ数字のペア、計5枚が存在している、というもののみです。特にスートや数字の制限はないため、例えば以下のような5枚の手札が揃った場合は全てフルハウスとなります。

図3.png

09.まとめ

ポーカーでも非常に強力な役の一つであるフルハウスについて解説しました。揃える難易度は高く、揃えることが出来ればぐっと勝利に近づくフルハウスですが、スリーカードと同様に、テキサスホールデムポーカーでは、共有札を使って成立した場合、対戦相手もフルハウスを揃えていてフルハウス同士の対戦となることも多い役でもあり、その場合フルハウスを構成する数字にも注目する必要がある点だけは、注意してください。

ページトップ