フォーカード

手札・役ステップ

フォーカードとは?ポーカーでの強さや組み合わせ、出る確率を初心者にもわかりやすく解説!

ポーカーは、5枚の手札を入れ替えながら決められた役を揃え、対戦相手とその強さを競い合うカードゲームです。

以前からアメリカのカジノなどでの定番ゲームではありましたが、対戦相手の裏をかく心理戦の駆け引きが勝敗を決する上で重要となる意味ではチェスや将棋のような頭脳ゲームや、通常のスポーツに近い側面もあり、カジノ以外でも、娯楽としてプレイヤーがプレイしたり、観戦を楽しむ競技としても人気があり、日本でも2007年から全日本ポーカー選手権が毎年開催されています。

もちろんオンラインカジノの普及などに伴って、カジノの種目としての人気も健在ですし、特に共有札と言われる、対戦相手と共通のカードを用いて役を成立させることを目指すテキサスホールデムポーカーは非常に人気が高いです。

どのようなポーカーのルールであれ、対戦相手に勝利するためには、手札にそれぞれの役の強さや揃う確率、必要なカードの組み合わせを把握しておくことが重要となってきます。

今回の記事ではポーカーの役のうちの一つである、フォーカードの強さや揃え方、5枚の手札にフォーカードが揃う確率について、わかりやすく解説していきます。

01.フォーカードとは?

フォーカードとはその役名が示す通り、5枚の手札の中で、♦7♥7♠7♣7のように、同じ数字4枚が揃った際に成立する役です。クウォッズ/クワッズ(Quads)と呼ばれる場合もあります。

通常のポーカーのルールでは、同じ数字のカードは各スートごとに1枚ずつ、4枚しか存在せず、かつジョーカーも用いられないため、同じランクの数字が揃うタイプの役としてはフォーカードが最も強力なものとなっています。

手札の役について話すときなどには、フォーカードを構成している4枚の数字をとって、「7のフォーカード」のような言い方をすることがあります。

また、フォーカードは一見英語風の役名ですが、これは実は和製英語で、アメリカなどではフォー・オブ・ア・カインドと呼ばれているため、海外でポーカーをプレイする機会があれば、こちらの名前を使う必要があります。

図1.png

02.カードの組み合わせ

フォーカードでは、同じ数字が4枚揃っていれば2~Aまで、どの数字を揃えても構いません。同じ数字4枚を揃える必要があるという役の性質上、基本的にはスートは必然的に♥、♠、♦、♣と異なるもの一種類ずつで構成されます。

ワンペアやツーペア、スリーカードなどでは、役が揃う条件を満たしていても、フルハウスなど、より上位の役となる場合もありましたが、フォーカードではそのようなケースは存在せず、4枚の数字が揃っていればフォーカードとなります。

03.フォーカードの強さ

フォーカードは、ポーカーでは非常に強力な役で、ロイヤルフラッシュとストレートフラッシュに次いで3番目の強さとなっています。

これら二つの役を揃える難易度はとても高いため、フォーカードを手札に揃えることが出来れば、勝利の可能性は非常に高いと言えます。

04.フォーカードが勝てる役

フォーカードを手札に揃えることが出来れば、ワンペア、ツーペア、スリーカード、ストレート、フラッシュ、フルハウス相手でも、勝利を収めることが出来ます。

加えて、ポーカーではプレイヤーが必ずしも常に役を手札に揃えることが出来るとは限りません。当然ながら、フォーカードであれば、役を揃えられなかった対戦相手にも勝利出来ます。

図1.png

05.フォーカードより強い役

フォーカードより強い役が存在しないわけではありません。上述の通り、自分がフォーカードを揃えていても、対戦相手がストレートフラッシュ、あるいはロイヤルフラッシュを揃えていた場合には負けとなってしまうので注意してください。

ただし、52枚のデッキからランダムに5枚を配った際にストレートフラッシュが手札に揃う確率は約0.0015%と非常に低いため、そこまで気にしすぎる必要はないかもしれません。

06.フォーカード同士の強さ比較

対戦相手がストレートフラッシュを揃える可能性は非常に低いですが、同時にもう一つ注意しなくてはならないのは、相手が自分と同じくフォーカードを揃えた場合です。

2人以上のプレイヤーが手札にフォーカードを揃えた場合には、フォーカードを構成している4枚の同じ数字同士を比較し、その勝敗を決定します。

ポーカーではAが最も強く、2が最弱となっているため、Aのフォーカードが最も強く、2のフォーカードが最も弱いということになります。例えば、10のフォーカードとQのフォーカードが対戦した場合には、Qのフォーカードを揃えたプレイヤーが勝利します。

図2.png

また、通常の52枚のカードを用いて行われるポーカーであれば、2人以上のプレイヤーが同じ数字のカードを揃える、という状況は起こりえないのですが、ポーカーの中でも人気の高いルールであるテキサスホールデムポーカーのように、複数プレイヤーで共有するカードが存在するルールの場合は、共有カード次第で、2人以上のプレイヤーが同じ数字のフォーカードを揃える、という状況が発生する可能性があります。

そういった場合には、フォーカードとは関係のない手札の残り1枚のカードの数字のランク素比較して勝敗が決定されます。この際スートは勝敗に影響ありません。例えば、同じ9のフォーカードを揃えていても、残り1枚の手札が4のプレイヤーとJのプレイヤーであれば、Jを持っているプレイヤーが勝利します。

図3.png

他の役と同じように、数字が揃った4枚ではない手札の残り1枚(キッカー)の数字の強弱は、同じ数字のフォーカードを揃えたプレイヤーが複数いた場合のみ勝敗と関係し、仮にAやKがあったとしても、まず優先して勝敗に影響してくるのはフォーカード自体の数字なので、中してください。

07.フォーカードが出る確率は?

揃えることさえ出来れば非常に強い役であるフォーカードですが、ポーカーの試合でフォーカードが揃う確率はどれくらいあるのでしょうか。

手札の入れ替えの方式や、プレイするポーカーのルールなど次第で実際の試合でフォーカードが揃う確率は差異があるため、ジョーカーなしの52枚のデッキからランダムに5枚のカードを引いた場合にいきなりフォーカードが揃う可能性を見ていきます。

52枚のカードから5枚を選ぶ全ての組み合わせは、2598960通りとなっていますが、このうちフォーカードが成立する手札の組み合わせの数は

13C1(13の数字から1つを選ぶ組み合わせの数)×スートの組み合わせ(1種類のみ)×48C1(残り48枚のカードからキッカー1枚を選ぶ組み合わせの数)

=13×1×48

=624通り

となっているため、フォーカードが揃う確率は、624/2598960=約0.024%です。

これは、フォーカードに次いで強い役であるフルハウスが揃う確率の1/5以下と、非常に低い確率となっています。

08.フォーカードの例

では実際に、どのような手札がフォーカードとなるかですが、例えば以下のような5枚の手札が考えられます。

図4.png

フォーカードの強さはまず4枚揃っている数字のランクを比較し、それが同じであれば、残り1枚を比較、という順に判定されるため、上の3つの手札であれば、②、③、①の順に強いということになります。

09.まとめ

手札に4つの同じ数字を揃える役であるフォーカードについて解説しました。フォーカードはストレートフラッシュとロイヤルフラッシュを除けばポーカーで最も強い役であり、手札に揃えることが出来れば勝利がぐっと近づきます。

また、ワンペアやスリーカードに同じ数字のカードを加えていけば完成するため、揃うか役なしか、というギャンブルに出なくとも、最低限の役は確保しつつ、運や展開次第でより強力なフォーカードを狙う、という戦い方も可能です。

是非皆さんも、チャンスがあれば、フォーカードを狙ってみてください。

ページトップ