アウツ

手札・役ステップ

アウツとは?確率と求め方、アウツを活用したポーカーでの戦略の立て方を初心者にもわかりやすく解説!

ポーカーは主にアメリカで発達し現在のルールが形作られた、トランプを用いた人気カードゲームです。カジノなどでも定番の種目となっています。

近年は特に、プレイヤーに単に5枚のカードを配るのではなく、コミュニティカードと呼ばれる、複数のプレイヤーが手札として共有することが出来るカードが存在することが特長であるテキサスホールデムと呼ばれるルールのポーカーが広くプレイされています。

テキサスホールデムはその競技性の高さから、ギャンブルとしてだけではなく、スポーツのような形で親しまれるケースも増えており、実際に本場のアメリカはもちろん、日本でも毎年全日本ポーカー選手権が毎年開催されています。

今回の記事では、ポーカーの試合の勝敗を左右するカードともいえる、アウツについて解説します。

01.アウツとは?

アウツ イメージ01

アウツとは、ポーカーで役が未完成の手札で、を完成するのに必要なカードのことを指します。基本的には、そのカードを引くことが出来ればプレイヤーが勝利できる可能性が高いようなカード、そしてそのような役の完成までに必要なカードが残り1枚となっている場合に用います。

役の完成までにあと一枚カードが必要であるような手札のことを、例えば『ストレートドロー』のように『ドロー』と呼びますが、アウツはドローと対照関係にあります。役が完成するのに必要なカードが残り一枚であるような手札はドロー、完成させるために引き当てる必要があるカードがアウツとなります。

アウツは基本的に1枚のカードですが、アウツとなりうるカードは役次第で複数あることが多いため、outの複数形であるアウツと呼ばれています。

英語では、アウツが2枚存在するような手札のことを『ツー・アウター』と呼んだりなど、アウツの枚数と合わせて自分の手札を表現することがあります。

02.アウツの例

手札で揃えようと狙っている役次第で、アウツとなるカードには様々なパターンが考えられます。

♥2♥7♥9♥10♥のようなフラッシュドローの手札であれば、♥のカードであればどの数字でもフラッシュは成立するため、♥3♥4♥5♥6♥8♥J♥Q♥K♥Aのカードは全てこの手札にとってのアウツであり、9枚存在するということになります。

逆に、♥10♠10♣10♥4のような手札で、勝利するのにフォーカードが必要となる場合(例えば、対戦しているプレイヤーの誰かがJ以上のスリーカードを揃えている見込みが高いような状況)であれば、デッキにフォーカードを成立させるために必要なカードは♦10の一枚のみなので、アウツは1枚となります。

また、アウツは複数の役にまたがることもあります。

例えば、手札に♠9♠10♠J♠Qの4枚が揃っている場合、♠8、あるいは♠Kがストレートフラッシュを揃えるために必要なアウトとなりますが、♦8や♣Kのように、スートが異なる8やKであってもストレートは成立します。加えて、数字が連続していなくとも、♠のカードを何か引くことが出来れば、フラッシュが成立します。

このため、このような手札の場合のアウツは、ストレートフラッシュとなるようなカードが2枚、ストレートとなるカードが6枚、フラッシュとなるカードが7枚の合計で15枚存在することになります。

03.ディスカウントアウツとは?

ただし、テキサスホールデムのように、対戦しているプレイヤー同士でカードを共有しながら役を作ることを目指すルールでプレイする場合は、自身の手札の役を完成させるために必要なアウツが相手にとっても強力な役を揃えるために必要なカードである、といったケースもありうるので、その点だけには注意が必要です。

このように、自分が役を揃えるために必要であっても、対戦相手にとっても有用なカードである可能性のあるカード、あるいは、揃えても自身の勝利に結びつかない見込みがあるようなカードのことをディスカウントアウツ(割引されたアウツ)と言います。ディスカウンテッドアウツと呼ばれることもあります。

アウツは勝った場合に得られるリターンとなるチップとオッズ(勝率)を考慮して戦略を考える際に非常に重要となりますが、この時に上で説明したようなタイプのアウツは少し勝率を割り引いて考える必要があるためです。

例えば、テキサスホールデムにおいて、自分に配られた手札が♦4♦5の2枚であり、場に公開されている(対戦相手も手札として用いることが出来る)のが♠6♠7♥Jの3枚だとします。

この状態は4-5-6-7の4枚が揃っているストレートドローとなっており、3と8がアウツなので、このどちらかの数字がコミュニティカードとして次に公開されればストレートが成立します。

しかし、このケースではもし対戦相手に誰か♦9♦10のような2枚を持っているプレイヤーが居た場合、いかなるスートであっても、8のカードはそのプレイヤーが6-7-8-9-10のストレートを揃えるためにも必要なカードであり、そしてこのストレートは自分が揃えられる可能性のある4-5-6-7-8に対して勝利することが出来るより強力な数字の並びです。

また、もしも対戦相手に例えば♠10♠Kのようなスペード2枚の手札を揃えているプレイヤーが居た場合、♠3と♠8のカードは相手のフラッシュも成立させてしまいます。そして、フラッシュはストレートよりも上位の役なので、自分がストレートを揃えていても、フラッシュを揃えたプレイヤーが居れば勝利することはできません。

一方で、スペード以外のスートの3のカードであれば、他プレイヤーがフラッシュを揃えられる可能性はなく、対戦相手のプレイヤーが揃えられる可能性があるのは最も強い役でも自分と同じ4-5-6-7-8のストレートなので、最悪の場合でも引き分けで、負ける可能性はありません。

したがって、一見直感に反するようにも思えますが、このような場合に最も望ましいアウツは♦2♥2♣2の3枚であり、♠2と♠8♦8♣8♥8の5枚は揃えても100%自身の勝利が確定しないディスカウントアウツとなります。

04.まとめ

実際のポーカーの試合で対戦相手の手札を予測するのは困難である場合が多く、加えて一試合ごとの勝率はかなり運などにも左右されます。しかし、多くの試合をプレイしていくのであれば、最終的には確率と期待値から考えて合理的な判断を繰り返した方が勝率は上がります。

自身の勝率を計算する上でアウツとその確率は非常に重要となってくるため、是非皆さんも自分の手札のアウツとアウツを引くことが出来る確率を考えながらポーカーをプレイしてみてください。

ページトップ