ロイヤルフラッシュ

手札・役ステップ

ロイヤルフラッシュとは?強さや組み合わせ、出る確率を初心者にもわかりやすく解説!

ポーカーは、5枚の手札を入れ替えながら決められた役を揃え、対戦相手とその強さを競い合うカードゲームです。

以前からアメリカのカジノなどでの定番ゲームではありましたが、対戦相手の裏をかく心理戦の駆け引きが勝敗を決する上で重要となる意味ではチェスや将棋のような頭脳ゲームや、通常のスポーツに近い側面もあり、カジノ以外でも、娯楽としてプレイヤーがプレイしたり、観戦を楽しむ競技としても人気があり、日本でも2007年から全日本ポーカー選手権が毎年開催されています。

もちろんオンラインカジノの普及などに伴って、カジノの種目としての人気も健在ですし、特に共有札と言われる、対戦相手と共通のカードを用いて役を成立させることを目指すテキサスホールデムポーカーは非常に人気が高いです。

どのようなポーカーのルールであれ、対戦相手に勝利するためには、手札にそれぞれの役の強さや揃う確率、必要なカードの組み合わせを把握しておくことが重要となってきます。

ポーカーには様々な種類の役が存在しており、それぞれ役を揃える難易度に応じて強さが割り振られていますが、今回の記事ではその中でも最も強力な組み合わせであるロイヤルフラッシュとはどのような役なのかをわかりやすく解説していきます。

m_app_download

01.ロイヤルフラッシュとは?

もともとポーカーには『ストレート』と『フラッシュ』というそれぞれ別々の役が存在していますが、この2つが組み合わさり、同時に成立している役が『ストレートフラッシュ 』となります。

ストレートは2・3・4・5・6のように手札の5枚の数字が連続して揃っている役であり、一方フラッシュは数字に関係なく、♦2・♦5・ ♦6・ ♦8・ ♦10のように、手札の5枚のカード全てが同じスート(柄)である際に成立します。

ストレートフラッシュはこの二つが同時に組み合わせ役のことで、例えば「♦2・♦3・ ♦4・ ♦5・ ♦6」や「♠9・ ♠10・ ♠J・ ♠Q・♠K」がその具体例となります。

その中でも10・J・Q・K・Aを同じスートで揃えた役を「ロイヤルフラッシュ」と言います。ロイヤルストレートフラッシュとも呼ばれることもあり、ポーカーにおいて最強の組み合わせとなります。

図1.png

02.ストレートフラッシュとの違い

連番で同じスートという意味ではストレートフラッシュも同じです。ですが、ロイヤルフラッシュはそのさらに上の「10・J・Q・K・A」の組み合わせとなるので、ストレートフラッシュよりさらに強力な役となります。

03.カードの組み合わせ

10・J・Q・K・Aを同じスートで揃えた場合しか成立しないので、ロイヤルフラッシュは「♠・♦・♥・♣」の4パターンしか存在しません。そのため最もレアな組み合わせで、どんなレベルのポーカープレイヤーもロイヤルフラッシュを夢見ています。

04.ロイヤルフラッシュの強さ

この5枚を揃える難易度の高さからロイヤルフラッシュは一般的なポーカーでは最強の役に位置付けられています。

もともと5連続の数字を揃える必要があるストレートや5枚全ての手札を同じスートで統一する必要があるフラッシュのように、5枚のカードで構成される役は、より必要な手札の枚数が少なくてすむワンペア(2枚)やツーペア(2枚×2)、スリーカード(3枚)のような組み合わせよりも強力な役として設定されています。

05.ロイヤルフラッシュが勝てる役

先述した通り、ロイヤルフラッシュはポーカーにおいて最強の役です。他にも強力な役は手札に4枚の同じ数字のカードを揃えるフォーカードやワンペアとスリーカードを同時に揃えるフルハウスなどもあるが、ロイヤルフラッシュの下位互換であるストレートフラッシュもこれらの役相手にも勝利を収めることが出来る強力な役です。

m_app_download

06.ロイヤルフラッシュより強い役

一般的なポーカーにおいては、ストレートフラッシュの上位互換であるロイヤルフラッシュに勝る役はありません。一方でワイルドカードを使用するワイルドポーカーにおいてはファイブカードが最強の役となります。

ファイブガードとは4枚の同じ数字のカードを揃えるフォーカードとワイルドカード(主にジョーカー)を揃えた役のことです。

07.ロイヤルフラッシュが出る確率は?

何故ポーカーのルール内でロイヤルフラッシュが最強の役として設定されているかというと、それはロイヤルフラッシュが手札に揃う確率が極端に低いためです。

ジョーカーなしの52枚のデッキで行われる場合、ポーカーの5枚の手札の組み合わせは

52!/5!(52-5)!=2598960

であるため、全部で約260万通りの手札が考えられますが、そのうちロイヤルフラッシュが成立する手札は4通りしかありません。

そのためロイヤルフラッシュが出現する確率は「4/2598960」となり、パーセンテージで表すと「約0.000153%」となります。

08.ロイヤルフラッシュの例

先述した通り、10・J・Q・K・Aを同じスートで揃えた場合しか成立しないので、ロイヤルフラッシュは「♠・♦・♥・♣」の4パターンしか存在しません。

図1.png

09.まとめ

ポーカーで最も強い役であるロイヤルフラッシュについて解説しました。この手札が揃う確率は非常に低いですが、ほぼ確実に勝利が出来るため狙える可能性がある場合は積極的に狙ってみましょう。

関連情報

初心者歓迎!今すぐアプリm HOLD'EMでポーカーを始めてみよう♪
QRコード
App Store
Google Play
ページトップ