スロープレイ

2ndステップ

スロープレイはポットを最大化できる!危険な行為でもあるので注意しよう

テキサスホールデムには「スロープレイ」という概念があります。強気のアクションを行わず、相手からのベットを誘い込むことでポットを最大化できるのがメリットです。

ただしスロープレイはテキサスホールデムにある程度習熟している人が成功させられるプレイです。ハンドリーディングなどを介さずにうかつなスロープレイをすると負ける可能性もあり危険なのを覚えておきましょう。

今回はスロープレイの注意点や事例などを分かりやすく解説していきます。

01.スロープレイとは

スロープレイとは「強いハンドを持っていても、強気なアクションを行わず、相手からのベットを待つプレイ」を指します。勝負がすぐに決しないでベットが続く状況を考えれば、このプレイがスローと呼称される理由が分かるでしょう。

スロープレイを行う理由は、ポットを最大化させるためです。テキサスホールデムでは基本勝利プレイヤーがポットを総取りするので、自分が勝利した場合ベット額に対してどのくらいポットを得られるのかが重要になります。スロープレイによって少しでもポット額を膨らませることで、相手を速攻でフォールドさせてしまい利益を逃すシチュエーションを防げるのがメリットです。

テキサスホールデムは勝利して大きく儲けを得ることを信条とするゲームです。ですからスロープレイを上手く実行できれば、儲けて大きく勝つ、というテキサスホールデムの神髄に一歩近づけることになるでしょう。

02.スロープレイの注意点!長期的にプレイ内容を考えてみよう

スロープレイを行うときは次の点に注意しましょう。

ハンド内容が微妙なときはプレイを避ける

スロープレイを行う際は、自分のハンドが強いという条件が必要です。かなり上手いプレイヤーであればブラフを掛けてマージナルハンドでスロープレイできるかもしれません。しかし基本的にはショーダウン寸前までプレイを引き延ばすため、自分が勝っていると思える状況でないとスロープレイを行うのは基本難しいです。

たとえばプリフロップ段階で

  • ♤A♧A
  • ♤A♢K

といったプレミアハンドを所持しており、フロップ以降も相手がこちらを逆転するようなハンドをそろえていない、と確証が持てる状況ではスロープレイが有効です。

終盤ドローを引かれて負ける可能性を考える

スロープレイを行うと、自然とテキサスホールデムのプレイがターン、リバー、ショーダウンというように進んでいきます。そのためカードが落ちるたびに自分が逆転負けしてしまうリスクを増やしてしまうのがスロープレイのデメリットです。大きく勝つにはリスクがつきものですが、プレイが上手くないと早期フォールドさせていれば勝てた場面で負けてしまうケースもあるでしょう。

たとえば

  • 自分はプリフロップ段階で♤A♢Aを持っている
  • 相手はプリフロップ段階で♡3♢5しか持っていない

という段階でも、相手がギャッパー(抜けている数字が埋まればストレートが発生する可能性があるようなハンド)なのでフロップ以降で「♧4♢6♡7」といったカードが落ちると負ける可能性はあります。

スロープレイが危険であるとリーディングで思った場合は、相手を早期フォールドさせて速めに勝利する、といったように対策を講じるスキルも必要です。

スロープレイばかりしているとプレイイメージが定着してしまう

もしスロープレイばかりしていると、「このプレイヤーはタイトなので強いハンドでしかプレイしない。しかもプレイを引き延ばしてポット最大化を常に最大化しようとする」というイメージを持たれる可能性があります。もしスロープレイを継続してしまうと、相手にそれを読まれてすぐフォールドされてしまう、あるいは逆に読まれてより強いハンドを揃えられて負けてしまうといったよくない影響が起こるかもしれません。

ですから「スロープレイを行った後はブラフハンドで早期フォールドさせる」といったように、プレイ内容を柔軟に変えて相手に読まれないように心掛けてみましょう。その際自分のプレイスタイルの俯瞰やハンドリーディング、ベットのバランスなどを考える必要があることは言うまでもありません。

03.スロープレイの事例

全員が50ドルを所持しており、自分はディーラーポジション(BTN)で♤A♡Aです。

UTGが5BBにレイズを行い、他プレイヤーはフォールドしています。相手は不利なポジションでレイズしてきているので、それなりに強いハンドである可能性が高いです。しかしあなたは♤A♡Aというプレミアハンドをそろえているので、プリフロップ時点ではまず負けていないでしょう。

あまり強気なプレイをしてもフォールドされるかもしれないため、あなたはとりあえずコールし、SB,BBはフォールドしたためポットは11.5BBです。

フロップで「♢A♡J♧9」が落ちました。あなたはAのスリーペアがそろっています。UTGが4BBのベットに対し、あなたはコールしたため、ポットは19.5BBになっています。 リバーで「♧10」が落ちました。「♢Q」といったカードが落ちればストレートドローを引かれ、あなたは負けてしまうかもしれません。ここであなたは

  • 勝っている可能性が高いからチェックやコールでポットを膨らませる
  • 負ける可能性もあるため強気のベットを行いほどほどのポットを入手する

といった選択を迫られることになります。

04.まとめ

今回はスロープレイをご紹介してきました。

スロープレイはポットを膨らませることができる分、早期フォールドで勝利といった行動が取れないためカードが落ちた際に負けてしまうリスクも増やしてしまいます。ハイリスク・ハイリターンのプレイですが、高いポーカープレイスキルを持っている方は実行してみるのもよいでしょう。

単にポットを膨らませるのがテキサスホールデムの正解ではありません。ブラフで惑わせるといった総合的なテクニックで、長期的な勝利を狙っていきましょう。

ページトップ