アクションプラン

2ndステップ

アクションプランを最適に立てて常によいプレイを!種類や事例を解説

テキサスホールデムでは現状を理解した上で、最適なアクションを取る必要があります。そしてその場その場で立てるアクションに関する計画を「アクションプラン」と呼びます。

アクションプランを適切に立てられると大きな負けを防ぎ、大きな勝ちをつかみやすくなるのがポイントです。いくつか種類があるので覚えて実際のプレイへ活用してみてください。

今回はアクションプランとは何か、そしてその種類やプレイの事例などを解説していきます。

01.アクションプランとは

アクションプランとは「ベットに関するアクションの計画を立て、実行すること」です。アクションプランには「チェックフォールド」といった種類があり、内容によって相手が受ける自分の印象が変わるのもポイントです。

アクションプランを最適化するには、まず自分のハンドや相手のハンドについてリーディングする必要があります。たとえばチェックフォールドは自分のハンドがあまり強くないときに行います。「相手のハンドが自分より強い可能性が高いので、一度様子見してベットされたら負けだ、と思う」と考えればチェックフォールドで負けを小さくできるでしょう。

逆に強いハンドであり相手にも負けていない、と自信があるようであれば、チェックフォールド以外のアクションプランが刺さる可能性があります。ハンドリーディングやベットアクションからの推測といったスキルによって、アクションプランの精度は高まっていきます。

02.アクションプランの種類

アクションプランには次のような種類が存在します。

チェックフォールド

先ほども言ったように、自分が負けている可能性が高い際に行います。一度チェックを行い相手のベットアクションを観察、ベットされた場合すぐフォールドする戦術です。

相手が同じようにチェックしたら、相手も自分と同様弱いハンドを持っている可能性があるのでプレイを継続してみてもよいでしょう。しかし自分のハンドに自信が持てない上にレイズといった行動をとられた場合、相手のハンドが強い可能性があるのでプレイ継続は危険という判断ができるでしょう。

もちろん相手がブラフでアクションしている可能性もありますが、タイトなプレイヤーであれば弱いハンドでは勝負してこないはずです。この場合チェックフォールドは有効になります。

チェックコール

マージナルハンドではあるがある程度勝ちを狙える状況であれば、チェックコールがおすすめです。一度チェックを行い様子見、相手がベットを行ってもコールでプレイについていく戦術になります。

チェックコールのメリットは、ベットアクションを行う相手の様子をうかがえることです。もしアクション内容がブラフに感じられる場合は、ハンドがそろっていないと判断してコールで付いていきます。またチェックを行いつつもプレイを継続するので、「もしかしたら強いハンドを持っているかもしれない」という相手の危機感を誘える可能性があります。

チェックレイズ

チェックレイズはブラフアクションとも取れる戦術です。一度チェックを行い様子見、それからレイズでアグレッシブな姿勢をアピールするのがポイントになります。

通常チェックはベットしてよいか分からないほど弱いハンドを持っている、といった状況で行われるケースが多いです。またレイズはある程度強いハンドを持っていて勝てる自信があるという際に行われやすいプレイになります。この2つを組み合わせることで「チェックで弱気の姿勢を見せて相手にベットさせる→レイズで強いハンドを持っているとオープンにする」という流れを作り、相手の警戒心を高めることが可能です。

上手く使えば最初からレイズするよりもポットを膨らませられる、といった使い方もできるでしょう。

ベットフォールド

自分が勝っているかもしれないが負ける可能性も同様に高いケースでは、ベットフォールドという選択肢があります。これは自分がまずベットを行い様子見、相手がレイズして強気の姿勢を見せた場合フォールドする戦略です。

チェックするよりも損額は増えますが、「自分が確実に勝っているか確かめる」ときなどには有効です。こちらがベットしているのにもかかわらずレイズしてきたのは、こちらよりさらに上位のハンドがそろっている、あるいはそろう可能性が高いとアピールしているようなものです。ブラフではなく本当だとリーディングできる場合はフォールドすることで、さらに損害が広がるのを防げます。

ベットコール

もし自分のハンドが確実に一番強い状態(ナッツ)ではないが勝っている可能性が高い、といった状況の場合はベットコールという選択肢があるでしょう。一度ベットを行いレイズが発生しても、それにコールで付いていくアクションプランです。

ショーダウンまでもつれこんでもある程度勝てる可能性が高い、という場合はベットコールでプレイを継続してみてください。

03.あなたはどうプレイする?アクションプランの事例

たとえばあなたがUTGで「♢6♧7」を持っているとします。強いハンドではありませんがコネクターです。あなたはBBの3倍をレイズ、BTNがそれにコールしてポットが7BBになりました。

フロップで「♡9♧K♤A」があらわになりました。あなたはBBの2倍をベット、BTNはコールしてポットは11BBに。

ターンで「♢3」が落ちました。あなたはチェックしましたがBTNはBBの4倍をベットしてきました。ポットは19BBです。

リバーで「♤7」が落ちました。この場合あなたは7のペアのみが使えます。相手がタイトな場合は負けている可能性が高いのでチェックフォールドが有効です。またルースな場合は判断が難しくなりますが、負けているとは限らないためチェックコールといった選択肢も取れるようになるのがポイントになります。

逆に強いハンドがそろっている場合はチェックフォールドはまず考えられず、チェックレイズといった戦術によってポットを増やすことが賢明な策になるでしょう。

04.まとめ

今回はアクションプランを解説してきました。

アクションプランはその場その場で判断する必要があるので、ある程度テキサスホールデムのプレイに慣れてノウハウを蓄積しないと立てるのが難しいかもしれません。ただし適切にプランが立つと早く負けて被害を抑える、大きく勝利して儲けを増やすといった目的が達成しやすくなるでしょう。

ぜひプラン内容を覚えて自分なりに解釈してみてください。

ページトップ