ポジション

1stステップ

テキサスホールデムではポジションが重要!負けないプレイの仕方とは?

テキサスホールデムは相手のハンドや自分のハンドといった情報から推察して、プレイに勝利できるように戦いを持っていく必要があります。プレイを有利にするためには、自分が今どのポジションでプレイしているのかを把握しながら試合運びを操作していくのがポイントです。

そこでテキサスホールデム初心者向けにポジションの基礎、そして実際のポジション内容やプレイするコツなどを解説していきます。

01.早い順番ほど不利になる!テキサスホールデムポジションの基礎

テキサスホールデムでは、自分がどれだけプレイに関する情報を持っているかが重要です。そして情報はプレイする順番が遅いほどたくさん溜まっていきます。つまりプレイする順番が遅いほど、ポジションとしては有利になってくるのがポイントです。

結論から言うとディーラーボタンを持っているプレイヤーから左側で近いプレイヤーはプレイが遅くなるので有利、逆にディーラーボタンを持っているプレイヤーから右側で近いプレイヤーはすぐプレイしないといけないので不利になってしまいます。

プレイにおいて常に同じポジションでプレイを継続してしまうと、有利・不利が変化しないままプレイを進めないといけないので不公平です。ポーカーはマインドスポーツなので、ポジションを含めて公平にプレイを行う必要があります。そのためディーラーボタンを1プレイ終了ごとに時計回りで回していき、誰にも1回それぞれのポジションが回っていくようにすることで公平性を確保している点も覚えておきましょう。

02.アーリー・ミドル・レイトの3つに分けて理解!ポジションを解説

そこではここから、テキサスホールデムのポジション名称について解説していきます。

※テキサスホールデムではプレイ人数が変動するので、プレイ内容によっては存在しないポジションも出てきます

スモールブラインド

プリフロップにおいてプレイヤーはブラインドベットの半額を強制的にベットする必要があります。

プリフロップの段階で、スモールブラインドポジションはハンドが強い・弱いかにかかわらずアクションを行います。そのため有利・不利のどちらでもないと言えるでしょう。

ただしフロップ以降は最初にプレイしてアクションを決める必要があるため、一番不利なポジションになってしまいます。

ビッグブラインド

プリフロップにおいて2番目にベットするポジションです。プレイヤーはブラインドベットで指定されている額をベットしないといけません。

スモールブラインドと同じくハンドの強さ・弱さにかかわらずベットするため、プリフロップでは有利・不利が特に分かれません。しかしフロップ以降はスモールブラインドの次にプレイを行うため、スモールブラインドに次いで不利なポジションに位置付けられます。

ちなみにスモールブラインドとビッグブラインドのポジションを合わせて「ライブブラインド」と呼ぶこともあります。

アーリーポジション

ブラインドベット終了後にプレイを行う、序盤にアクションするポジションです。情報が少ない状態でプレイするポジションのため不利になります。

一番不利なポジションは「アンダー・ザ・ガン(UTG)」です。アンダー・ザ・ガンには「銃を突きつけられている」というニュアンスがあり、特にプリフロップでは最初にアクションを取る必要があるため一番不利なポジションになります。またフロップ以降では最初のプレイを免れますが、ライブブラインドポジションのプレイヤーがアクションした直後にプレイする必要があるので不利な状況には変わりありません。

アンダー・ザ・ガンを含めたアーリーポジションの人数は、テキサスホールデムのプレイ人数が多いほど相対的に増えていきます。

ミドルポジション

アーリーポジションのプレイヤーがアクションを終えた後にプレイするポジションです。立場的には有利でもなく、かといって不利でもありません。

ライブブラインドやアーリーポジションのプレイヤーがとったアクションを把握できる分、強気に攻めやすい状況ではあります。慣れればブラフで強いハンドを持っていると見せかけられることも可能でしょう。

レイトポジション

ミドルポジションより後にプレイ、つまりラスト辺りでプレイするポジションです。一番情報が集まりやすい立場のため、プレイの際は有利に立ち回れます。

最高のレイトポジションはディーラーボタンを持っているプレイヤー(BTN)です。一番最後にプレイするため各プレイヤーのベット量や態度、自分やコミュニティのハンドまでじっくり考えてプレイすることが可能になっています。ただし強いからと言ってあまりにも弱いハンドでブラフ、フォールドを誘おうとすると痛い目を見ることもあるでしょう。

ハイジャック・カットオフ

BTNの2つ前のポジションが「ハイジャック」、1つ前が「カットオフ」です。

プレイ人数によってアーリー~レイトなのかは変わってきます。ですからこの2つのポジションに関してはプレイ人数から考えて、有利・不利かをその場その場で判断していきましょう。

03.ポジションによってプレイの仕方を変えよう!

テキサスホールデムにおいてはポジションがプレイの有利・不利を変えてきます。定石としては

  • 強いポジション:ルースプレイ(ハンドが弱い)でも勝負に出やすい
  • 弱いポジション:タイトプレイ(ハンドが強い)でないと勝負しにくい

といった風になるでしょう。

ただしポジションだけでなくブラフの上手さ、ストーリーのリーディング能力などもテキサスホールデムの勝敗を左右します。ですから「弱いポジションだから早くフォールドしよう・・・」と早々にあきらめてはいけません。

上手いプレイヤーは弱いポジションで弱いハンドでもブラフをかまし、プレイヤーをフォールドさせてしまいます。実際に上手い人のプレイを見ながら自分なりに実践して、ポジションごとの立ち回りを上手くつかんでみてください。

04.まとめ

今回はテキサスホールデムのポジション基礎を解説してきました。

テキサスホールデムでは必ず各プレイヤーに各ポジションが回ってきます。ですからプレイの早い・遅いに合わせて自分の有利・不利を理解し、ブラフなども活用しながら上手く勝利するスキルを身に着けてみましょう。

ページトップ