ブラフ

1stステップ

テキサスホールデムの醍醐味はブラフ!成功させるポイントやケースを解説

もしテキサスホールデムがショーダウンまでプレイするのが必須のゲームである場合、自分が強いハンドを持っていないと絶対に勝てません。しかし

  • もし自分が負けそうな場合はフォールドしてゲームから降りられる
  • ブラフを行えば自分のハンドが不利でもフォールドさせて勝利できる

という要素がテキサスホールデムを奥が深い面白いゲームへ仕立て上げています。

初心者から脱却して上手いプレイヤーになりたい場合、ブラフの考え方や実践方法を身に付けておきましょう。

そこで今回はブラフの概念や活用方法について解説していきます。

01.相手が騙される上手い嘘をつこう!ブラフとは

ブラフとは「自分のハンドが負けている可能性が高いシチュエーションで、そうではないと思わせるベットアクションを行うことで相手をフォールドさせる行為」です。つまりベットによって自分が相手より強いハンドを持っていると主張してハッタリをかますことになります。

ブラフには次の2種類が存在します。

ピュアブラフ

負けている可能性が高い状態でブラフを行うことです。

  • リバーでストレートを外してしまい6ハイになっている
  • ターンで3ハイになっており、最高でも3ヒットにしかならない

といった状況は負けている可能性が高いケースです。

自分が負けているかどうかは、ショーダウンに近づくにつれてはっきり分かってきます。しかし負け濃厚な状況でもあえて強気のベットを行い、ピュアブラフを成功させて勝利する方も中にはいます。

セミブラフ

ピュアブラフよりも負ける可能性は低い、つまり現時点では負けているけれどこの後のドロー内容によっては勝利できるパターンのときにブラフを行うことです。

  • 現時点では5ハイだが、リバー段階で8が来ればストレートになる
  • 現時点では♡7ハイだが、リバーでがもう1枚来るとフラッシュになる

といった状況ではセミブラフを行う場合があります。つまり「後1枚何かドローできれば強い役になる」というケースで行えるブラフです。

残りドロー枚数が少ない状況でハイカードであり、そこからストレートといった強い役で逆転できる可能性は決して高くありません。ならばいっそのことブラフを行ってフォールドさせ、ショーダウンになっても勝利できる可能性を残しながらプレイしよう、というのがセミブラフの魂胆です。

まだ勝てる可能性がある分、ブラフを行うリスクはピュアブラフより低いと言えるでしょう。

02.ブラフはただ行うだけでは意味がない!成功させるコツを解説

ブラフを成功させるには、次のコツを抑える必要があります。

フォールドさせられないプレイヤーには行わない

ブラフは自分が負けている状況であえて強気のプレイを行い、相手に自分のハンドが強いと印象付けることでフォールドさせることに価値があります。ですからフォールドさせられないのであればブラフは失敗したことになります。

  • そもそもテキサスホールデムのルールが分かっておらず、適当にチップを賭けている
  • 残りチップ数が少ないのでオールインしたほうが期待値が高い(ポットコミット状態)

といったケースでは、ブラフをしてもスカになる可能性が高いです。

スカになると相手にベット額をかすめ取られてしまうので注意してください。

ストーリー性を意識してブラフを行う

ブラフを成功させるには

  • 自分のプレイスタイル
  • 相手のプレイスタイル
  • 考えられるハンドレンジ

といった要素を基にストーリーを考察して、それを相手にも通しておく必要があります。つまりベットアクションに対して納得できる理由があり、自分がある強いハンドを持っている可能性があると相手に印象付けることが重要です。

たとえばターンやリバーでのカードが3枚そろう、4~6と数字が連番でオープンするといった状況になったとします。この際自分のハンドレンジが

  • 2枚でありフラッシュになる
  • 78所有でストレートになる

といった可能性があるとストーリーにおいて相手がリーディングできるとき、相手はフォールドしてくれる可能性があります。

頻繁にブラフをしない

ブラフをついた後は、「このプレイヤーはブラフをつく可能性があるからルースだ」と相手へ印象付けることになります。つまりブラフを実行し過ぎるとブラフの成功確率が低くなってしまう点に留意する必要があります。

ただしブラフの回数が多い=悪い、ではありません。もし自分のハンドが強くてもストーリー性のあるアクションを取れば、相手がブラフをついていると思い、コールやレイズといったアクションでプレイについてきてくれる可能性があるからです。強いハンドを持っている状態で相手がショーダウン近くまでプレイ継続してくれれば、あなたがたくさんのポットを総どりできる可能性が高まります。

03.ブラフが成功しやすいケースとは?

ブラフが成功しやすい典型的なケースを事例に挙げてみます。

スーツが3枚そろった場合

などが複数コミュニティカード内でそろっている場合、相手は他のプレイヤーがフラッシュになっていないか警戒するでしょう。そこで同じマークのカードが2枚そろっているとベットアクションなどで見せ掛けます。

連番になる可能性のあるカードが落ちた場合

たとえばターンの段階で「4579」と連番気味にカードがそろっている場合、あなたは

  • 68
  • 36

といったハンドを持っていれば勝てる見込みがあります。そこで相手がハンドレンジにおいて該当のカードを持っている可能性が低いことを確認した上で、自分がさも上記のようなハンドを持っているように装います。

初期段階でAが落ちた場合

もしプリフロップの段階でレイズといった強気のアクションを行っており、その上でフロップにおいてAが落ちた場合は、

  • Aのスリーカード
  • Aのペア

といったハンドがそろう可能性があります。相手が弱いハンドしか持っておらず、フロップ段階でもハイカードの場合などはブラフによってフォールドしてくれるかもしれません。

ただしまだ勝負が決まっているわけではないので、ショーダウンまでずれると相手がフラッシュになって自分はAヒットのまま、といった状況で負けるリスクもあります。ですからフロップ段階でハンドレンジなど要素をよく理解して、自分がブラフを掛けても勝てる見込みが十分あると予測できる高いスキルが必要です。

04.まとめ

テキサスホールデムはブラフが醍醐味のゲームです。頻繁にブラフをすると失敗するリスクが高まりますが、ストーリーを意識した上で相手に印象付けたい内容を上手く操作できればブラフが成功する確率がアップします。

実際にプレイを行いながらプレイスタイルやハンドレンジなどを予測して、ブラフを上手く組み込んでみましょう。

ページトップ