フローティング

2stステップ

コンティニュエーションベットを破る戦術!フローティングを解説

テキサスホールデムにおける「コンティニュエーションベット」は、強気の姿勢を変えずに攻める厄介なプレイです。しかしコンティニュエーションベットを破る戦術もいくつか存在しています。その1つが「フローティング」です。

フローティングを使えば相手のコンティニュエーションベットへコールすることで、相手の姿勢を崩してこちらが攻めに転じることができます。

今回はフローティングの概要や具体的な成功事例などをご紹介していきます。

01.フローティングとは

フローティングとは、「コンティニュエーションベットへコールすることで相手を惑わせるための戦術」です。

コンティニュエーションベットを行ってきた相手は、「自分のハンドが強いと主張して早期にプレイヤーを降ろしたい」という心理が働いています。その心理をついてコールで自分のハンドも強いと主張するのがフローティングです。

フローティングはコールだけでは終わりません。次のターン段階において相手がチェックを行った場合、相手のコンティニュエーションベットがブラフで行われている可能性があります。さらにそこを突いてベットアクションを大胆に行い、こちらのハンドのほうが上であるというイメージを相手に持たせます。成功すれば相手はフォールドするのでこちらの勝利です。

フローティングはコンティニュエーションベットにコールするだけでなく、それに加えてハンドの強さに関するイメージを逆転させる必要があります。そのためコールの後にさらにアクションする必要がある分、高度なブラフ戦略に該当するのがポイントです。

02.フローティングを成功させるコツ

フローティングを成功させるためには、次のコツを踏まえてみましょう。

相手がブラフでコンティニュエーションベットを行っていると確認する

本当に相手のハンドが強い場合、フローティングは意味がありません。コールを行っても自分のハンドが弱いとリーディングされた場合、逆にカモにされる可能性があります。

ですから相手がブラフで、つまりあまり強くないハンドでコンティニュエーションベットを行っていると確信できた場合のほうが、フローティングは成功するでしょう。こちらのハンドが強いと思わせてコンティニュエーションベットが失敗だったと思わせられれば、後はこちらのものです。

相手よりポジションが有利な場合に行う

フローティングは相手よりポジションが有利なケースで行いやすいプレイです。

もしコンティニュエーションベットをしてきた相手より先に動かないといけない場合、ターンでチェックを行うといったプレイの様子をうかがい知ることができません。先に強気の姿勢でベットするとドンクベット扱いになり、不利な戦いを強いられてしまうリスクもあります。

安全に相手のプレイを見てから立ち回れるBTNやレイトポジション系の位置にいたほうが、安心してフローティングを成功させられます。

複数人プレイヤーが残っているときは危険

複数人プレイヤーが残存している状況でフローティングをするのも危険です。誰かがハンドを完成させている可能性があり、食いつかれることもあるからです。

たとえばコンティニュエーションベットしてきた相手にコールをしてフローティングを行うとします。その際コンティニュエーションベットをした以外のプレイヤーが数人残っていれば、ターン時にこちらが強気にベットアクションをした場合に、リレイズといったさらに強気のアクションをされてせっかくのフローティングが台無しになってしまうリスクもあるのです。

このためフローティングはすでにフォールドしたプレイヤーが多く、敵が1人だけのヘッズアップの状態だと成功させやすい戦術だと言えます。

03.フローティングの成功事例

8人が参加しているテーブルで、あなたはBTNポジションです。♢A♧Kを持っています。

ミドルポジションのプレイヤーが3BBレイズしてあなた以外のプレイヤーはフォールド、フローティングがしやすいヘッズアップの状態が再現されています。あなたはコールをしてフローティングを開始しました。

フロップは「♤J♢7♧5」です。相手は4BBのベットをしてきました。相手がJのペアやストレートドローなどを引く可能性は残っていますが、そろっていないとリーディングしてあなたはさらにコールしました。相手は焦っています。

ターンでは「♡3」が出ました。あなたも特にハンドが完成しているわけではありませんが、相手はチェックして弱気になっています。ブラフでなければあまり強くないハンドの可能性がさらに高まるでしょう。

あなたは勝負に出るため10BBをベットしました。相手は付いてこれずにフォールドを選択、あなたは見事フローティングを成功させて勝利をもぎ取りました。

04.まとめ

今回はフローティングの概要や成功させるコツなどをご紹介してきました。

他のFor Beginnersの記事を見ても分かるとは思いますが、フローティングに限らずあらゆるプレイはリーディングができるか、に掛かっています。リーディングが上手くいけば相手のコンティニュエーションベットのブラフを見透かしてフローティングを堂々と実行できますし、逆にリーディングできなければおっかなびっくりでフローティングをしないといけません。

リーディングスキル等を身に付ければ、自然とフローティングのタイミングはつかめてくるでしょう。ぜひテキサスホールデムの基礎を学んでからフローティングの成功へ励んでみましょう。

ページトップ