コンティニュエーションベット

2ndステップ

フォールド数を増やせる!コンティニュエーションベットのコツ

テキサスホールデムにおいては、相手をいかにフォールドさせて負かすかも重要になってきます。早期にフォールド人数が増えるとポットが大きくなりにくいのがネックですが、フォールド人数が多いほどあなたが勝利する確率も高まるからです。

フォールドには「コンティニュエーションベット」が1つ重要になってきます。強気のベットアクションを一貫して行うことで自分の強さを相手へアピールすることが可能です。

今回はコンティニュエーションベットの概要や成功させるコツなどをご紹介していきます。

01.コンティニュエーションベットとは

コンティニュエーションベットとは「プリフロップでレイズしたプレイヤーが、継続してフロップでもベットを行う行為」を指しています。

プリフロップでレイズしたということは、「AK」が絡んだハンドを持っている可能性のあるプレイヤーです。そしてフロップ以降でもベットしたということは、依然として自分のハンドが強いと継続アピールすることへつながります。

テキサスホールデムでは「ランダムハンド(何かしらのハンド)がフロップでヒットする確率は3分の1」です。。つまりフロップでヒットするケースのほうが少ないのです。自分がコンティニュエーションベットを行えば、「自分は依然として強いが、あなたは3分の1を引いて強いハンドをフロップで揃えられましたか?」という意志表示になるのがポイントになります。

02.コンティニュエーションベットのメリット

コンティニュエーションベットのメリットは、こちらが強いハンドをプリフロップでそろえていることをより強く印象付けられる点です。

プリフロップ段階でレイズしている時点で、あなたのハンドは強いと想定されています。その状況でもしフロップのヒットを引けなかった場合、相手は「もしブラフでレイズしていたとしても、ベットアクションを行って勝てる保証がない」という心理が働く可能性があります。

先のプレイまで考えてこの先役がヒットしなかった場合、相手はノーヒットのままこちらと勝負するリスクも考えなければなりません。被害を小さくするために早期フォールドしたい、という心理がプレイに出やすくなるでしょう。もしフロップで、ミドルペアといったそれなりに勝負できるハンドがそろっている場合も同様です。

結果的にターンが進む前に勝敗を決して、安全にポットを総取りできるのがコンティニュエーションベットのメリットです。

03.コンティニュエーションベットを成功させるためのコツ

コンティニュエーションベットを成功させるためには、次のコツをつかんでおく必要があります。

プレイヤーが多い状態で行うのは危険である

プリフロップ段階であなたがレイズしても、コールやリレイズといった行為で相手が付いてくる可能性も十分にあります。結果的にフロップでもあまりフォールドしたプレイヤーがいなければ、コンティニュエーションベットの価値が低くなるのがデメリットです。

どのプレイヤーもある程度強いハンドを主張しているような状況では、コンティニュエーションベットをしてもブラフキャッチされたりバリューベットされたりといった危険性が高まることになります。ですからプリフロップ段階でリスクがあってもかなり強気にベットを行い、フォールドする人数が増えると成功率が高まるでしょう。

ただし人数が多い状況でコンティニュエーションベットすると、上級者だと思われて相手からの危険度を上げられるという効果もあります。自分のスキルまで考えてコンティニュエーションベットを打てるとよいでしょう。

現在のボード状況をリーディングする

現在のボード状況を読んで、相手がこちらのハンドを強いと思えるか判断するのも重要です。

たとえばボードが「フロップに♢A♧10♤5が落ちて、同じスーツが存在せずコネクターもない」とします。つまり自分が仮にA10を持っているとすると、他プレイヤーが同じようなハンドを持っている可能性が低くなりフラッシュやストレートもドローしにくい状況です。

こういった状況ではターンやリバーまで進んでも高い役がそろわず、不安なプレイを強いられる可能性が高くなります。ですからあなたのコンティニュエーションベットが刺さりやすく、フォールドしてくれる可能性が高まる効果があるでしょう。

相手のプレイ内容などもリーディングする
  • ルースに大胆プレイを行う
  • 初心者で微妙なハンドでもコールしてくる

といったケースに該当する場合は、コンティニュエーションベットは危険な行為です。フォールドの可能性が低くなって勝ちを取られてしまうリスクも付きまとうことになります。

逆にタイトであり強いハンドでしかプレイしないプレイヤーには有効です。チェックといった弱気のアクションをタイトなプレイヤーがとる場合はコンティニュエーションベットの成功確率が高まるでしょう。

04.まとめ

今回はコンティニュエーションベットの概要やメリット、成功のコツをご紹介してきました。

コンティニュエーションベットは相手に強気の姿勢をアピールして、フロップ段階でフォールドさせるような行為です。アグレッサーとしてプリフロップ段階から強気にアクションしてきた場合は、ぜひ活用したい戦略になります。

ただし相手にブラフキャッチされたり、より強いハンドで付いてこられるリスクも考えながらプレイしてみましょう。

ページトップ