スチール

1stステップ

プリフロップで早くも勝利できる!?スチールの注意点とコツを解説

テキサスホールデムにおいては、ベット技術によって勝敗が決まってしまうケースも多々あります。ハンドが強くなくてもベットアクションを状況によって柔軟に行うことで勝利をもぎ取れる可能性が高まるのがポイントです。

スチールもそんなベット技術の1つです。プリフロップ段階で強気のレイズを行い、ライバルをフォールドさせてチップを奪取します。

今回はスチールの概要や成功のコツなどを解説していきます。

01.ブラインドやリンプを奪おう!スチールとは

スチールとは「プリフロップ段階で強気のレイズを行い全員をフォールドさせ、ブラインドやリンプによってポットに入ったチップをゲットする行為」です。実行する際にハンドの強さは関係ないので、ベットに関する技術が必要になります。

プリフロップ段階では

  • スモールブラインド
  • ビッグブラインド

という2名の強制ベットメンバーが存在します。2名はいずれもハンドの強さにかかわらずベットする必要がありますが、強いハンドである可能性は高くありません。そこで強さが十分でないハンドであるのを予測してレイズを行い、自信のないプレイヤーをフォールドさせて早めに勝利してしまうのがスチールです。

たとえば

  • 自分がディーラーポジションである
  • アンダー・ザ・ガンといった先行プレイヤーがすでにフォールド済み
  • スモールブラインドとビッグブラインドしか残りプレイヤーがいない

といった状況では、現ベット額の3倍でレイズといったスチールアクションを取ることで中途半端なハンドしか持っていない残り2プレイヤーをフォールドさせられる可能性が高くなります。

02.相手がルースだと失敗する可能性も!スチール時の注意点

スチールはタイミングを見計らって実行しないと、自分が痛い目を見るので注意しましょう。

レイズが中途半端だと効果がない

スチールは「ブラインドベットの+10%だけチップをレイズしよう」といった考えでは成功しません。「スタックが序盤から少なくなっても勝てる自信がある」と相手に印象付けられるベットの用意が必要です。

そのため初心者はスチールが怖くて実行できない場面も多いでしょう。ある程度テクニックが蓄積されているからこそ成功させやすい技術だと言えます。

相手がルースだったりコーラーだとスチールの効果が出ない

スチールアクションを行う際は、テーブルの特性も理解する必要があります。

もしあなた以外のプレイヤーがルースであり、弱いハンドでもブラフをかましながらプレイを継続する可能性が高ければ、スチールアクションはただベット数の多いレイズで終わってしまいます。しかしタイトであれば強いハンドでしか勝負をしたがらないので、スチールアクションが大きな威圧になるでしょう。

つまりテーブルがタイトな雰囲気であればあるほど、スチールの効果が出てきます。

また「とりあえずフロップ以降のカードを見たい」という「コーラー」がいる場合は、スチールアクションの効果がなくなってしまいます。

自分がタイトだと思われていないとついてこられる危険がある

スチールを成功させるには、「このプレイヤーはタイトであり、本当に強いハンドを持っているから強気にレイズしてきた」と印象付けないといけません。

もしあなたがルースだと思われている場合は、相手にプレイを継続される可能性が高くなります。自分がタイトだと思われているタイミングを見計らってレイズすることが、スチール成功の秘訣です。

すでにレイズが入っているとフォールドさせるのが難しくなる

すでにレイズをしているプレイヤーがいる場合、スチールを成功させるのが難しくなります。

ブラフの可能性も含めて、先にレイズしたプレイヤーは自分のハンドが強いと主張しています。もし本当に強い場合は、あなたのスチールアクションにも普通についてくる可能性が高いです。

自分の前にレイズをしているプレイヤーがいない、つまりチェックやコールといった弱気のプレイヤーしかいないときはスチールの成功確率が上がります。

早い段階でのスチールアクションは危険

焦って早い段階、つまりミドルポジションといった立場でスチールアクションを行うのは危険です。

スチールは事前に各プレイヤーの動向を見て、

  • ベットアクションに自信がない
  • 強いハンドを持っていなさそう

といった情報を集めることによって成功する確率を上げられます。

早い段階でスチールしようとすると、まだ情報が不十分なので強いハンドを持っている相手が食らいついてくるかもしれません。結果的にコールやレイズされるとスチールが失敗してしまいます。

スチールアクションはできれば、ディーラーポジションで実行できるのが望ましいです。一番最後に相手の様子を見てスチールするか、フォールドするかなどを自由に選択できるからです。

ポットコミット状態だとプレイを継続されてしまう

「自分の残りスタックが少ない」といった場面では、たとえハンドが強くなくてもフォールドしないでプレイしたほうがメリットがある、いわゆる「ポットコミット」が発生するケースがあります。ポットコミット中のプレイヤーはゲームを降りないので、レイズアクションしても効果が出ません。

ポットコミットはブラインドがプレイにつれて増えていくトーナメント戦で、発生する可能性が高くなります。

ポット額を膨らませられない

スチールではプリフロップという初期段階においてすべてのプレイヤーをおろしてしまう技術です。フロップやターン、リバーやショーダウンを重ねていない分プレイヤーの総賭け額も低くなり、入手できるポットに限りが出てしまうのがデメリットです。

そのためスチールばかりで勝利すると取り分が少なくなる危険がある点には注意しましょう。

03.リーディングできればリスチールも可能!スチールを成功させるコツ

スチールを成功させるには上記の注意点に気を付けながら、

  • コールやレイズされないレイズ額を柔軟に考える
  • ときにはディーラーポジション以外でもスチールを行う
  • 相手のスタックサイズを把握する

といったコツも押さえるとよいでしょう。

スチールが成功するレイズ額は、予想されるポットによって変わってきます。たとえば「リンパー(プリフロップ段階において、ビックブラインドへコールするプレイヤー)が2人いる」という場合は、事前に「4倍+リンパーの人数である2倍」の6倍でレイズしよう、といった工夫が必要です。

またディーラーポジションが有利だからといってスチールばかりしていると、スチールがはったりだとばれてしまいます。ときにはハイジャックやカットオフといったポジションでもスチールアクションを取って相手を混乱させましょう。

スタックサイズの把握も重要です。

  • スタックに余裕があるプレイヤーが多く、フロップ以降もついてこられるかもしれな
  • ショートスタック状態でほとんどチップがなくポットコミットの可能性がある

といった状況ではスチールをむやみに仕掛けないようにしてください。

04.まとめ

スチールはポジションや相手のベットアクションまで含めて推察を行わないと失敗する可能性があります。ですから初心者だと実行するのが心配になるかもしれません。

練習を重ねてスチールのタイミングを図れるようにしておくと安心です。

ページトップ