Topics

画像:『第二回WG POKER JAPAN』レポート
  • twitter
  • facebook

『第二回WG POKER JAPAN』レポート

1_05_0046_nohin.jpg2_05_9642_nohin.jpg国内最大級の動画配信サイト「GYAO!」で昨年配信され、大好評を博したポーカーエンターテイメントバラエティ「WG PORKER JAPAN ポーカー最強女子決定戦」。
その新シーズンが開幕し、第2回大会(優勝賞金100万円)の1stステージが2022年2月14日、東京・目黒「m HOLD'EM目黒」で開催されました。
そこにm HOLD'EMプレイヤーを代表し、本サイトコラム「"ちなみ"にポーカー始めました。」でもおなじみのタレント・伊藤千凪海さん、そしてパチンコ・パチスロライターのつる子さんが参加。イベントの様子とおふたりの声をお届けします。

3_05_9545_nohin.jpgこの日参加した女性プレイヤーは、エントリー総数72名のうち48名。A、Bふたつのグループに分かれた上で、3つのテーブルにプレイヤーが8人ずつ、テーブル上位2名がセミファイナルに進出できる、というレギュレーションです。
つまり、セミファイナルに進出できるのは1グループにつき6名と非常に狭き門です!!

予選突破を目指すプレイヤーたちの緊迫したムードが漂うAグループ試合開始直前の会場で伊藤さんにポーカー愛と大会にかける意気込みについてお話を伺いました。

4_05_9400_nohin.jpg学生時代、競泳のU-18日本代表選手でもあった伊藤さんは、ポーカーの魅力をこんな風に表現してくれました。
伊藤「ほかのスポーツと比較したとき、身体的なストレスが無いところにまず惹かれました。それで、勝った時の満足感、爽快感も、今まで経験したものとは全然別物だったというか、私にとって新しい刺激だったんです。自分のプレイスタイルはまだまだ模索中なんですが・・・今日は強気でプレーしたいと思います!」

女性プレイヤーだけの華やかな会場も、ひとたびゲームが開始されれば一気に張り詰めた空気に変わります。そして......スタートから約1時間後、伊藤さんが、手持ちのチップを全て使い果たしてしまいます。

5_05_9767_nohin.jpgテーブルを立った瞬間、思わず涙がこぼれてしまった伊藤さん。悔しさが滲みでます。
伊藤「正直、ハンドはそこまで悪くなかったと思うのですが、ディーラー側の3枚が出たときに自分の手札と『かみ合ってないな』と思って降りちゃうことがほとんどでした。もうちょっと粘ればよかったかな、と思いますね......」
今後はアプリに加えてサテライトに足を運び、経験を積んで大会につなげたい、と語ってくれました。

6_05_9802_nohin.jpgそしてつる子さんはテーブル上位3名まで残る大奮闘。しかし、最後の最後でわずかに及ばず、残念ながらギリギリで予選敗退となってしまいました。
インタビューでは開口一番「いや~勝てたな~」と無念そうなつる子さん。

つる子「残り3人になったときに一番チップが少ないプレイヤーの人が、たまたまBBの時に弱い手で勝てちゃった、みたいなこともあったりして、運がこっちに向いてくれなかった感じですね......。自分ではほとんど勝ってたと思える試合だっただけに本当に悔しいです~ッ!」

7_05_9855_nohin.jpg

セミファイナル/ファイナルは2022年3月7日に開催を予定しており、この日勝ち上がった12名がまずはセミファイナル進出を決めました。
ただし、1stステージで敗退したプレイヤーにも後日、セカンドチャレンジ(敗者復活戦)のチャンスが!!
伊藤さん、つる子さんともにリベンジを誓っていました。

今回、「ポーカー女子」熱を体感し、
新たなエンタテインメントとしての可能性を感じました。

初心者歓迎!今すぐアプリm HOLD'EMでポーカーを始めてみよう♪
QRコード
App Store
Google Play
ページトップ