Topics

画像:一ノ瀬プロの脱・初心者学【Lesson3】ポットオッズ~確率は裏切らない~
  • twitter
  • facebook

一ノ瀬プロの脱・初心者学【Lesson3】ポットオッズ~確率は裏切らない~

生涯獲得賞金6億円、日本のポーカー先駆者として世界を股にかけて活躍をするプロポーカープレイヤー・一ノ瀬公聖氏。一ノ瀬プロ自らが、“初心者が中級者になるために知っておきたい知識”を解説します。 「ルールは覚えたけれど、どうやったら強くなれるの?」「ベッティングラウンドの駆け引きに自信が持てない」「実践で使えるポーカーの勉強をしたい」といった初心者はもちろん、中級者も改めて知っておきたいポーカー理論を学んでいきましょう。

「ポットオッズ」を意識してプレイできていますか?

あなたは、ポットオッズという言葉を聞いたことがありますか?

多くの人にとって、聴き慣れない用語だと思います。ポーカーやゲームに深く精通している人なら、あるいはご存じかもしれません。

ポットというのは場に集まっているチップのこと。オッズとは倍率のことです。ポットオッズという言葉は、ポーカーで「ポットに対してオッズが合っているか否か」を考えるときに使います。

例をあげて考えてみましょう。

コミュニティボード(共通して全プレイヤーが使用できるカード)がA 5 6 8。ボードには2枚のスペードがあります。貴方に配られたカードはKのスペードとQのスペードです。

相手がAのワンペアを持っていると仮定して、リバーであなたが逆転出来る唯一の役であるフラッシュを完成させる確率は何パーセントあるでしょうか?

正解は約20%。

まず、場に2枚のスペードと手元に2枚のスペードを確認することが出来ます。残りのスペードの枚数は13枚の中の9枚です。ⅠデッキにはAからKまでの52枚のカードがあります。


コミュニティボードの4枚のカードと手札の2枚のカードを引いた46枚が残りのカード枚数になります。46枚のカードの中に9枚のスペードが存在します。

9/46=約20%

次に、もし相手が同じシチュエーションで100のポットに対して50のオールインをしてきたとします。その場合、ポットオッズは合っていてコールに値するのでしょうか?

この場合、コールに値しません。オッズに合わないからです。20%の確率で相手に逆転が出来るのですが、100に対して50ベットされてしまうとコールに50必要です。コールをすると合計で200のチップが場に入るわけですが、ここでは50200のチップを取れるかどうかという考えが必要。

4回に1回勝てればポットオッズに合うのですが、フラッシュを完成させる確率は20%のためオッズに少し足りません。

予想勝率を計算し続ける

前コラムでも紹介しました"ハンドレンジ"で相手のハンドを予測。そして自分が勝っているレンジがあるかないか、また負けていると予測するならば予想勝率がどれだけ残されているのか考える必要があります。こうやって予想必要勝率を導き出していくのです。

最後にワンポイントアドバイスを。ポットと同じ量のベットをされた時の必要勝率は33%3回に1回程度勝てるレンジが相手に残っていると推測するのであればコールすることが正解になります。

ページトップ