ポットコントロール

2stステップ

テキサスホールデムで重要なポットコントロール!プレイ状況でポットを調整するメリットとは

テキサスホールデムではポットの額が重要です。自分の稼ぎの大きさがポットの膨らみ方によって決まるからです。

しかしポットが常に大きいのがよい状況かというとそう言い切れないのも面白いところです。もし負けている可能性が高ければ、ポットが大きくなることはリスク増加を伴う危険な状況を作り出します。そのため「ポットコントロール」という技術を使い、スモールハンドのときは小さく、ビッグハンドのときは大きくポットを調整できるかもポイントになってくるでしょう。

今回はテキサスホールデムにおけるポットコントロールのメリットや事例をご紹介していきます。

01.ポットコントロールとは

ポットコントロールとは、「こちらのプレイ状況によってポットの量を調整するための一連のアクション」を指します。一般的には勝つ可能性が高いときは大きく、負ける可能性が高いときは小さくしていくのがポイントです。

極端な事例で説明すると、

  • ナッツは絶対に負けないからバリューベットでポットを大きくしていく
  • ハイカードで役がそろっていないからチェックやコールで回していく

といったプレイがポットコントロールです。

ただしポットコントロールの調整の仕方は、ずっと大きくしていく、あるいはずっと小さくしていくといったように単純なものではない点に注意しましょう。たとえば途中までナッツでも、セカンドナッツといった状況に陥ることもあります。もし負けている状況も十分に考えられるのならば、それまでのようにポットを大きくするのではなくチェックやコールなどで小さくする工夫も必要です。

02.負けても被害を抑えられる!ポットコントロールのメリット

ポットコントロールのメリットは、次の通りです。

被害を抑えながら大きく勝つことができる

テキサスホールデムでは負けを小さくして、その上で勝ちを大きくすることで効率的に稼げるようになります。

ナッツといったかなり強いハンドでは強気に立ち回れますが、レイズだけでなくチェックやコールといった比較的弱気に見えるプレイを織り交ぜることで脱落者を減らしてポットサイズを大きくできる効果を見込めます。また弱いハンドではチェックを上手く活用することで負ける戦いに赴かなくても済みやすくなるのがメリットです。ただしチェックばかりしていると無償でドローを引かれる確率も上がるので、一定のプレイを続けることはリスクにも繋がります。

相手のブラフキャッチになる

相手がコンティニュエーションベットといった強気のベットを行っていても、実際はマージナルなハンドだった、というケースもよくあります。こういったブラフが発生している場合、ポットコントロールによってブラフキャッチができるという副次的な効果を見込めるでしょう。

もしこちらのチェックやコールといったポットコントロールに、ブラフでレイズしてくるような相手がいれば、レイズにコールやリレイズで返し弱気にするといったカウンターも取ることができます。ただしリーディングなどで相手が決して強いハンドを持っていない、そしてこちらのハンドが相手より強い可能性も高いと推測できるときだけです。

トーナメント形式の場合、すぐ負けてしまうリスクを減らせる

トーナメントではリングゲームのように、チップを再購入してプレイを継続することができません。ですから最初の持ち分であるスタックをいかに残しながら勝ち進んでいくかがポイントになります。

ポットコントロールを行えば、負けそうな場面で減るスタックを最小限にしながら、総取りによるスタック増加の幅を大きくすることが可能です。ポットコントロールの上達は、トーナメントで長くプレイを続けるスキルにもつながります。

03.ポットコントロールの事例

たとえばあなたは「♡7♢7」というハンドを持っています。ポジションはBTNです。あなたはBBの4倍にレイズを行い、BBはコールしてきました。他はフォールドしています。ポットは8.5BBです。

フロップで「♡5♤6♢K」が落ちました。BBはチェックを選択、あなたは4倍BBをベットしました。BBはコールで付いてきます。ポットは17BBです。

上記の場合、こちらのレイズへBBが堂々とコールしてきました。レイズへコールできるほど強いハンドがある場合は、こちらのミドルポケットが負けている可能性を否定できません。

そこでターン「♤K」で、あなたは一度チェックを選択しました。ベットした後コールされれば負けている可能性が高いと踏んだからです。またその場合のポットサイズを小さくしておくことで、ベットした場合の損失分を減らすことができます。これがポットコントロールの一例です。

04.まとめ

今回はポットコントロールの概要やメリットを解説してきました。

状況に応じてポットサイズを小さくする、あるいは大きくすることで負けの損害を小さくしながら大きく勝ちをつかみ取れます。ポットコントロールは初心者にとって判断が難しいかもしれませんが、自分なりのプレイスタイルを身に着けることで精度向上やコントロールの慣れにつなげることができます。

ぜひポットコントロールで上級者へ一歩近づいてみてください。

ページトップ