ポットサイズ

2ndステップ

ポットのサイズとハンド・プレイヤーのスキルを関連付けよう!確実にテキサスホールデムで勝つためのコツとは

もしテキサスホールデムにおいて初心者から脱却したいという方は、ポットのサイズや自分のハンド、そしてプレイヤーのスキルが関連付けられるものである、という概念を覚えておく必要があります。

ポットのサイズが大きくて上級者が堂々とプレイしている場合は危険ですし、逆に大きくても初心者相手であれば危険ではないケースもあります。またハンドが弱い場合にポットを大きくするのは危険です。このため確実に勝つために現在のポット状況とハンド、どんなスキルのプレイヤーがプレイを継続しているのか、といった点を比較してみると負けにくくなるでしょう。

今回はポットのサイズとプレイヤーのスキルを比較して、自分がどんなアクションを取ればよいのかコツを解説していきます。

01.ポットサイズとは

ポットとは現在各プレイヤーが賭けているチップの総額であり、ディーラーが管理しています。ポットは勝利したプレイヤーが総取りできるので、全員がポットの総取り、そしてポットをいかに大きくして勝ちを狙えるか考えながらプレイしていきます。もちろん勝てない場合は早期フォールドなどでポットが取れなくても負けを小さくする方針が取られるのもポイントです。

ポットが小さい場合は、一概には言えませんが自信を持ってベットしているプレイヤーが少ないということです。もし自分のハンドが強ければ儲けは小さいままかもしれませんが、勝ちは狙いやすいです。ブラフをしにくい初心者プレイヤーばかりであればなおさら勝利を狙います。

逆にポットが大きい場合は、それだけ強気にベットしているプレイヤーがいるということです。綿密に練られたベットアクションを行っている強いプレイヤーに、自分がもし弱いハンドで挑んでポットを総取りしようとする場合はリスクが伴います。

このようにハンド内容やポットサイズ、そしてプレイヤーのスキルまで加味してテキサスホールデムをプレイすると、冷静な判断を下しながら勝ちを狙いやすくなるのがポイントです。

02.ポットのサイズとハンドの関係性は?ハンドが強いときは大きくしやすい

ここからはポットのサイズとハンドの関連付け方をご紹介していきます。

ナッツの場合

ナッツのハンドはまず負けません。ですから相手のプレイヤースキルに関係なくポットサイズを膨らませることができるチャンスです。

上級者がいるとリーディングでフォールドされてしまう可能性が高まりますが、もし上手く丸め込めるのであればバリューベットを行いポットサイズを大きくしていきましょう。プレイ継続によるあなたのリスクはほとんどありません。

ナッツほどではないが強い場合

ナッツほどではありませんが強い場合もあります。この場合はポットを大きくさせてもよいですが、上級者がいるとより強いハンドでショーダウンされてしまうリスクをよく考える必要があります。

逆に初心者・中級者程度であれば上級者より乗せやすいので、がんがんポットを増やして勝ちを狙いに行く方法が現実味を帯びてくるでしょう。ただし相手がナッツを持っている可能性は0ではないので、注意を継続して行う必要はあります。

マージナルハンドの場合

強くもないし弱くもないマージナルハンドの場合、リーディングの精度がモノを言ってきます。通常マージナルハンドでは負けるケースも多いので、なるべくポットを膨らませないほうが損失も少なくて済みます。

ただし初心者はワンペアといった低い役でも食らいついてくるケースがあるので、リーディングで強くないと分かればフィッシュ(カモ)として利用できるでしょう。

逆に上級者相手にマージナルハンドを使いポットを巨大化させるのは危険です。相手はそれなりに勝てるとリーディングしている場合、ポットが大きくなってもプレイについて来ようとするからです。

はっきり弱いハンドだと判断できる場合

弱いハンドで勝てる見込みも最初から少ない場合、ポットを大きくするメリットはほとんどありません。ですから小さいうちにフォールドして損害を抑える方向に舵を切ったほうが無難です。

ちなみに現時点では弱くてもドローで高い役がそろう可能性もあります。その場合

  • 初心者だと勝てる可能性はあるのでコールなどで付いていきやすいし
  • 上級者だとそもそもドローもリーディングされているのでポットをコントロールしにくい

という点は覚えておきましょう。

03.プレイヤーレベルとハンドの関係性は?フィッシュがいる場合は稼ぎやすい

プレイヤーレベルとポットの関係性を考える際は、ラウンドがどこまで進んでいるのかも考える必要があります。ラウンドがショーダウン寸前まで近づくほど推測情報が確定になり、プレイヤーレベルによるアクション精度が如実に表れてくるからです。

たとえばリバーまでプレイが進み、あなたがQストレートを持っているとします。セカンドナッツだと仮定して、現在ポットはかなり大きい状態です。

ここであなたがレイズといった強気のアクションを行い、相手がコールで付いてきた場合、プレイヤーレベルによって危険度は変化します。

上級者

上級者は一般的に、負ける戦いでリバーまで行ってベットアクションを継続、ポットを大きくする行為は行いません。勝てる戦いであれば話は別です。

もしリバー段階でコールされるような場合は、相手がこちらのQストレートよりも高い役を持っている可能性が高くなります。よってオールインといったアクションは得策ではありません。フォールドなどを行い退散したほうが損害を抑えることが出来ます。

中級者

中級者の場合はもしかしたら勝てるかもしれない、というような役が弱いハンドでも勝負してくる可能性があります。ですからこちらのリーディング能力のほうが上であればセカンドナッツでも勝利しているという確証を持った上で、バリューベットというような行為を打ちやすくなるでしょう。

相手がタイトで注意深くするようなプレイヤーであれば、よりコールといったバリューベットが刺さりやすくなるでしょう。

初心者

初心者はとりあえず役ができていれば付いてくる可能性があるので、最もポットをコントロールしやすい相手です。強気にプレイしてしまうとフォールドされるリスクも考えながらプレイを行います。

ただしこちらのハンドに勝てるような役がたまたまそろっているケースもあります。そういったケースがリーディングできるならば、オールインで降ろしてしまうといった対策も有効でしょう。

04.まとめ

今回はポットサイズとハンド・プレイヤーの関連性を解説してきました。

上級者であるほどポットサイズを気にしながらプレイします。逆に初心者であればあるほどハンドがとりあえずそろえばポットは気にしないというケースが多いです。このためポットを上手く管理できるか自分のハンドやプレイヤーのスキルなどを考えて判断できると大きな勝ちを狙いやすくなるでしょう。

テキサスホールデムはシンプルなようでいて奥が深いです。ぜひ実際にプレイしながらポットサイズの概念を理解していきましょう。

ページトップ